FAQよくあるご質問

FAQ

よくあるご質問

動作環境編

SSTG1シリーズでの推奨動作環境につきましては、SSTG1シリーズ動作環境ページ をご覧ください。
推奨動作環境を満たしていないパソコンでは正しく映像が再生されないなどの不具合が発生する場合がありますので十分ご注意下さい。


基本的に日本の一般的な家電メーカー(NEC、SONY(VAIO)、富士通、東芝など)のPCは、もともと色々なソフトがプリインストールされている状態で販売していることが多く、その中にSSTG1シリーズとバッティングしてしまうソフトが潜んでいる可能性があります。最近ですと東芝のdynabook SatelliteやHP製、Dell製のPCにて、SSTG1シリーズで映像再生がスムーズにできない事例がございました。
そのため、液晶テレビやオーディオ機能のこだわった家電タイプのPCではなく、あまり余計なソフトが入っていないビジネス用のメーカーのPCやショップブランド(ドスパラ、ツクモ等)のシンプルなPCを弊社ではお勧めしております。

ただ、メーカーによって相性が決定するわけではなく、また、これまで問題のなかったシリーズでも100%問題なく動作することを保証できるものではございませんので、その旨ご理解のほど、お願いいたします。


また、下記ソフトがPCにインストールされている場合はSSTG1シリーズとバッティングしてしまうという事象が報告されています。

■現在確認されている相性が悪いセキュリティソフト

(1)AVAST Software社(旧:ALWIL Software社)のウイルス対策ソフト「avast!」
(2)ソースネクスト社のウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティ」
(3)ソースネクスト社のウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティ ZERO」
(4)ソースネクスト社のウイルス対策ソフト「スーパーセキュリティ」
(5)FLET’S(NTT東日本)の「フレッツ・ウイルスクリア」

■現在把握できているバッティングする可能性があるソフト

(1)Corel Paint Shop Pro
(2)COREL社 WinDvD
(3)COREL社 マイフォト
(4)Roxio社 RoxioCreater
(5)CyberLink社 PowerDVD
(6)GOM PLAYER
(7)Homeリンクマネージャー
(8)VIA HD AUDIO DECK
(9)iSofter
(10)lav filters
※上記以外でも、COREL社製のソフトウェアとは相性が悪い事例が確認されておりますので、COREL社製のソフトウェアがインストールされていないPCをお勧めいたします。

※VIA HD AUDIO DECKについて 存在の有無は「コントロールパネル」→「プログラムと機能」をご確認ください。こちらに存在しない可能性もございますので画面右下のタスクトレイに「VIA HD AUDIO DECK」または「HD VDeck」が存在していないかご確認ください。
VIA HD AUDIO DECKはアンインストール方法がない常駐プログラムのため、Windows起動時にVIA HD AUDIO DECKが起動しないようにスタートアップメニューからの削除設定をお願いいたします。OSを動かすのに最低限必要なプログラムも存在しますので設定の際は十分ご注意ください。

SSTG1モードはこれまでのSSTG1に搭載されていた古い再生モードになります。
新再生モードは名前の通り、新しく搭載されたモードになり、再生可能な動画形式や高画質な動画の再生にも対応しております。
SSTG1モードではmpeg1・wmvのみに対応しておりますが、新再生モードは上記2種類に加え、mov・mp4も再生可能となっております。
SSTG1モードのスペックを満たしていれば、mpeg1やWMVはご利用いただけるかと思いますが、念のため体験版で動作をご確認いただくことをお奨めいたします。


PCの購入をご検討であれば、弊社としましては新再生モードに対応したスペックのPCをご購入されることをお奨めいたします。mpeg1であれば基本的にはSSTG1モードでも特に問題はないかと思いますが、今後クライアント様からmp4などの形式で映像を支給される可能性や、長尺の映像、高画質の映像などにも対応できることを考えますと、新しいPCを購入されるのであればよりスペックが高いものをご購入いただいた方が今後のためによろしいかと思います。

SSTG1シリーズはWindows専用になっていますのでMacでの動作保証はしておりません。 Macに仮想的にWindowsOSを入れて動かすことに関しましてもサポート対象外になります。

どちらでも問題ありません。

基本的に、各製品の動作推奨スペックを満たしていればタブレット端末でもお使いいただけます。WindowsRTなど、タブレット端末専用OSには対応しておりません。また、タブレット端末は通常のPCと比べてスペックが低いことが多く、映像再生がスムーズにできない等の可能性がございますので、あまりお勧めはしておりません。

下記の表をご覧ください。

製品 英語OS その他外国語OS
SSTG1Pro ×
NetSSTG1 ×
SSTG1Lite2 ×
SSTG1Lite × ×

※SSTG1Dubは日本語OSにのみ対応しています。

現在販売中のSSTG1シリーズでの推奨動作環境につきましては、動作環境ページをご覧ください。

※SSTG1LiteのWindows10対応について
STG1Liteは現時点ではWindows10に対応しておりますが、将来にわたってWindows10での対応を保証することはできない状況です。マイクロソフト社はWindows 10をWindowsの最後のバージョンとし、今後OSをWindows11にアップデートせず、Windows10をバージョンアップしていく方向性のようです。
このため、SSTG1 Liteがどこかの時点で最新のWindows10上で動かなくなる可能性はございます。あくまで現時点でのWindows10での対応とさせていただいておりますので、ご承知置きくださいますようお願いいたします。

※SSTG1について
2014年7月の販売終了に伴い、動作確認をしているのはWindows8.1までになります。
Windows8はver2.0.0.37以降、Windows8.1はver2.0.0.40以降のバージョンで対応しております。それ以前のバージョンである場合はインストールや操作は可能かと思われますが、正式な動作保証は行っておりません。

この現象は「Dell Network Assistant」というソフトが起動するとSSTG1シリーズが強制終了します。このソフトを削除、または終了してからSSTG1シリーズを再起動すると解消されます。

OSアップグレードの影響により、ソフトの構成などが書き換えられ正常に動作しなくなった可能性があります。一度SSTG1シリーズのソフトをアンインストールの上、再インストールしてください。
認証ドライバがある場合は認証ドライバも併せて再インストールをお願いいたします。

※2014年7月の販売終了に伴い、SSTG1はWindows10での動作保証はしておりません。

インストールの詳しい手順は SSTG1シリーズスタートガイド をご覧ください。再インストールの際は基本的に最新バージョンをインストールされることをお勧めします。
再インストール後、編集ができない場合は こちらのFAQ をご覧ください。

■■アンインストール前に各種設定を保存し、再インストール後に引き継ぐには
NetSSTG1 / SSTG1Lite2 / SSTG1Pro のVer.3.1.2以上をご利用の場合は、この手順を行わなくても設定が自動的に引き継がれます。
上記バージョン未満でデフォルト(初期設定)以外にご自身で設定している場合は、こちらの手順 で引継ぎを行うことができます。同じパソコン内でアンインストール&再インストールする場合の引継ぎも同じ手順となります。

※NetSSTG1 Schoolの場合のみ
NetSSTG1 Schoolを利用中のパソコンのOSをWindows10にアップグレードすると、PC固有情報が書き換えられてしまい、ソフトで認識しているPC固有情報と一致しなくなるため、別なパソコンと認識され、再認証が必要となる場合があります。この場合、OSを元のバージョンに戻していただいたのち、カンバス側でのPC変更手続き(有償)が必要となります。有償でのご対応となりますので弊社までご連絡下さい。
※平日の弊社営業時間内でのご対応となります。

なお、すでにWindows10になっている状態でNet SSTG1 Schoolを新規インストールしてご利用いただく場合は問題ありません。

Load More

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ