TOPICSトピックス

2019年1月23日(水曜日)

9 Windows10にアップグレードしたところ、正常に動かなくなりました。

OSアップグレードの影響により、ソフトの構成などが書き換えられ正常に動作しなくなった可能性があります。一度SSTG1シリーズのソフトをアンインストールの上、再インストールしてください。
認証ドライバがある場合は認証ドライバも併せて再インストールをお願いいたします。

※2014年7月の販売終了に伴い、SSTG1はWindows10での動作保証はしておりません。

■アンインストール前に
ドキュメントフォルダ-[SSTG1 XXX]フォルダ内に入っている「Preset.ini」「TextCount.ini」の2ファイルを別な場所にコピーして保存し、再インストール後、これらを元の場所に戻して下さい。
・「Preset.ini」:フォーマット設定(G1の[設定]→[フォーマット設定])の内容
・「TextCount.ini」:文字カウント(G1の[ファイル]→[文字カウント])の内容

また、ユーザー設定とショートカットキーの設定をデフォルト以外に設定している場合はこちらのエクスポートも行ってください。ユーザー設定、ショートカットキー設定とも、それぞれの画面で「エクスポート」ボタンを押すとエクスポートされます。再インストール後、同画面から「インポート」を行って下さい。
※SSTG1 Liteはエクスポートできません。

※NetSSTG1 Schoolの場合のみ
NetSSTG1 Schoolを利用中のパソコンのOSをWindows10にアップグレードすると、PC固有情報が書き換えられてしまい、ソフトで認識しているPC固有情報と一致しなくなるため、別なパソコンと認識され、再認証が必要となる場合があります。この場合、OSを元のバージョンに戻していただいたのち、カンバス側でのPC変更手続き(有償)が必要となります。有償でのご対応となりますので弊社までご連絡下さい。
※平日の弊社営業時間内でのご対応となります。

なお、すでにWindows10になっている状態でNet SSTG1 Schoolを新規インストールしてご利用いただく場合は問題ありません。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ