TOPICSトピックス

2019年1月8日(火曜日)

映像系28 「映像ファイルも開きますか?」でmpegの映像を開こうとしたところ、フォルダ内に存在するはずの映像ファイルが表示されません。

「映像ファイルも開きますか?」でmpeg1の映像を保存しているフォルダを開いても、存在するはずのmpeg1が表示されていない場合、拡張子(※)がmpg以外になっている可能性があります。

※拡張子…ファイルの種類を識別のために使われるファイルの末尾にある「ピリオド(ドット)で区切られた右側の英数字1~4文字」のことです。Wordのファイルであれば.docx、Excelのファイルであれば.xlsxのように決まっています。

Mpeg1のファイルの拡張子には「mpg」と「mpeg」の2種類があり、SSTG1では映像ファイルを開く際に、デフォルトでは「mpg」のみ表示するようになっております。このため拡張子が「mpeg」の映像の場合、映像を開く画面に表示されません。
映像のプロパティ(ファイルを右クリック→プロパティ→ファイルの種類)からファイル種類をご確認頂き、「mpeg」と表示されている場合、以下のいずれかの方法で映像を開いてください。

1.映像を開く時、映像を選ぶ画面でファイルの種類をAll filesにしてから開く。



2.拡張子を「mpeg」から「mpg」に変更する。
※拡張子を誤ってつけるとファイルが破損してしまうことがあるため、事前にコピーを取っておいてください。

■Windows10の場合
エクスプローラから「表示」タブを選択して「ファイル名拡張子」にチェックを入れる。


■Windows11の場合 エクスプローラー上の「表示V」をクリックして、「表示」>「ファイル名拡張子」をクリックする。


ファイルの拡張子が表示されたら、右クリック→(その他のオプションを表示→)名前の変更から拡張子が「mpeg」の場合は「mpg」に変更する。
「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります」とメッセージが出てきたら「はい」をクリックする。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ