TOPICSトピックス

2019年1月21日(月曜日)

タイムコード系11 24Fr(23.98fps)のsdbを開いたところ、映像とスポッティングが大幅にずれている。

<ズレが発生する原因>
これまでのSSTG1シリーズにおいて、23.976fpsの映像で作業される際は、フレームレートは「24Fr」を 設定していただいておりました。ですが、SSTG1Pro、NetSSTG1、SSTG1Lite2の新再生機構では フレームレートに「24P」を選択していただかないと、映像と波形にズレが発生するようになりました。
これは、これまでのSSTG1で23.976fpsの映像を再生する際に、 コマ送りの動作が悪く、フレームが滑って見えていたものを 改善したために発生した事象になります。

<対応>
SSTG1やSSTG1Liteで作成した24Fr(23.98fps)のプロジェクトを受け取った場合、 そのままSSTG1Pro、NetSSTG1、SSTG1Lite2で開いても映像とスポッティングは大幅にずれています。開く側での対応としては下記の2通りになります。

1) 24Frから24Pに変換する
2) SSTG1モードで作業する

1) 24Frから24Pに変換する
SSTG1やSSTG1Liteで作成したファイルを開く際は、「このsdbファイルはSSTG1において、24Frで編集されています。SSTG1Pro(NetSSTG1、SSTG1Lite2)においては、24Pにフレームタイプ変換をして編集してください」 というメッセージが出ますので、[フレームタイプ変換]にて「24P」に設定をしてください。

設定後、映像ファイルを開く際に「現フレームのタイムコードを入力してください」と タイムコードを入力する画面が出てきますので、映像上のタイムコードとG1上のタイムコードが 一致していなければ、タイムコードを入力した状態で、[OK]を選択してください。
逆に、作成したsdbファイルを、新再生機構に対応していないSSTG1やSSTG1Liteユーザーに渡す際は、[ファイル]-[SSTG1用に24Frで保存]を選択し、保存したsdbファイルを渡すか、[設定]-[映像とタイムコードの同期]-[フレームタイプ変換]にて「24Fr」に変換してから渡してください。

2) SSTG1モードで作業する
SSTG1モードは、[ファイル]-[ユーザー設定]-[再生]タブを開き、 「映像再生機構」で「Direct Showを使う(SSTG1と同等)」に チェックをいれてソフトを開きなおしてください。

ProのVer1.1.10以下、NetのVer2.1.4以下において、 既に波形データを作成している場合には一旦削除して、再作成を行ってください。波形のデータは、ドキュメントフォルダ内、[SST G1 Pro]もしくは[SST G1 Net]-[Wave]フォルダの中に 保存されています。元の映像ファイルと同名のファイルを削除してください。

フレームレートはSSTG1と同様「24Fr」を選択してください。この設定を行うと、SSTG1と同等の再生機構を利用しますので24Frのまま作業が行えます。この場合はフレームタイプ変換も不要です。
ただし、SSTG1モードはmpeg1とwmvしか対応しておりません。それ以外のファイルをご利用される場合は、自動的に新再生機構に切り替わります。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ