TOPICSトピックス

2019年1月31日(木曜日)

1 SSTG1シリーズはいくつかありますが、どのSSTG1シリーズを購入すべきでしょうか。

■制作会社、データ変換機能を必要とされるお客様

SSTG1Proをご購入ください。SSTG1Pro以外の製品にはデータ変換オプションをつけることができません。 ご利用を想定されている編集機(シナリスト、PremierePro、EDIUSなど)をお知らせいただければ、適したオプションをご案内させていただきます。

■sdbファイルで納品するお仕事形態を想定されている翻訳会社、個人翻訳家様

NetSSTG1またはSSTG1 Lite2をお薦めします。データ変換オプションがない点を除けば、SSTG1 Proと同じレベルの字幕作成機能を搭載しています。ただし、SSTG1 Lite2は個人のお客様専用の製品ですので、法人のお客様にはご購入いただけません。

【NetSSTG1とSSTG1 Lite2はどこが違うの?】

Netには高等編集機能がついており、チケットも短い期間で購入可能です。Lite2には高等編集機能がついておらずチケットは365日単位ですが、その分Netよりチケット費用はお安くなっております。また、アップデートのタイミングはNetは随時ですが、Lite2は年に一度です。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ