TOPICSトピックス

2018年4月23日(月曜日)

操作系全般37 SRT(SubRip Text)ファイルをYouTubeにアップロードしたところ、字幕のタイミングがずれてしまう。

タイムコードが00からスタートしていない映像を使ってSSTG1シリーズでスポッティングをすると、SRTファイルでは字幕のタイミングがずれることがあります。
SRTファイルにはタイムコードという概念がなく、映像の先頭を00として、実際の経過時間をタイミング情報に持っています。このため、映像にタイムコードが焼き付いていたとしても、これと同期させることはまったく意味がありません。映像の先頭を00として字幕を作る必要があります。

もし、映像の先頭を00とせずに字幕を作っていた場合は、次のように修正してみてください。


もし、1の映像を用意することが難しい場合は、YouTubeにアップロードする映像の先頭にあたると思われる点を00として、映像とタイムコードの同期を行い、その後3を行ってください。

なお、YouTubeにアップロードするためのSRTファイルを書き出す時は、エクスポートの詳細設定画面で「タイムコードを実際の時間に変換する」を選択してください。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ