TOPICSトピックス

2018年4月24日(火曜日)

操作系全般36 覚えのない空のハコが字幕の一番最後に勝手にできています。波形上には表示されず、デュレーションもありません。

通常は波形上でスポッティングをしない限りハコは作成されないのですが、Excelのインポートや「空のデータをリストの最後に追加」(Insertキーか字幕ウィンドウ上のハコを右クリック)をすると、このような空のハコが作成されます。このハコは波形上には現れず、デュレーションも存在しません。
このようなハコを意図的に作成されているなら問題ございませんが、不要な場合は削除していただければと思います。

「空のデータをリストの最後に追加」のショートカットキーは、デフォルトでInsertキーに割り当てられています。このため、誤ってInsertキーを押してしまうと、意図せずこのような空のハコができてしまうことがあります。
もし不要であれば、ショートカットキー設定の[字幕]タブにある「空のデータをリストの最後に追加」のキー設定を削除してみてください。
※SSTG1Liteにはこの項目はないため、削除できません。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ