TOPICSトピックス

2018年12月29日(土曜日)

ガイドライン、文字カウント3
24Frのプロジェクトで、字幕の間隔の強制を「00:03」にしているのに、字幕と字幕の間が4フレーム空いてしまう。

24Frのプロジェクトにはダブりコマ(同じTCを2回繰り返す箇所)が数フレームに1回存在しています。これは24Frの仕様です。

通常、字幕の間隔の強制を「00:03」と設定すると間隔が最低3フレーム確保されますが、24Frの場合は、字幕間隔にダブりコマが含まれていた場合でも十分な間隔を確保できるよう、設定された強制フレーム数に+1した値を基準に、コマ送りの回数で強制をしています。


【字幕間隔にダブりコマが含まれている場合】
コマ送りで4コマ(例: 04、05、05、06)⇒TCとしては04、05、06の3フレームあく

【字幕間隔にダブりコマが含まれていない場合】
コマ送りで4コマ(例: 06、07、08、09 など)⇒TCも06、07、08、09の4フレームあく


最終的に完パケにする際はTCで何フレーム空いているかが重要ですので、字幕間隔にダブりコマが含まれている場合でも必ずTCで3フレーム空くようにするため、コマ送りで数えると4コマの間隔を確保しています。
なお、「字幕間隔3フレーム」とは、字幕が表示されないフレームが3フレーム存在することを言います。矢印キーを何回押したかではなく、映像ウィンドウで字幕が表示されないフレームが何フレームあるかをカウントして下さい。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ