TOPICSトピックス

2018年8月31日(金曜日)

DCP1
DCP用xmlエクスポートオプションの注意点を教えてください。

現在販売しているデジタルシネマ用オプションは、下記の2種類です。
 DLP Cinema Ver1.1 (Texas Instruments/Interop)
 SMPTE DCP(ST428-7-2014準拠)
このうち、SMPTEはSSTG1 Proのみ搭載可能です。SSTG1ではご利用いただけません。

DCP用xmlエクスポートには、「xml」のみの出力と、「xml+PNG」の出力機能が搭載されています。エクスポート時にどちらで出力するかを選ぶことができます。


【注意点】

・DCP用の使用を認められたフォントをお持ちいただく必要があります。
 (フォントによってxmlのみとxml+pngの時とで使用条件が異なる可能性がございます。使用についてはフォントメーカー様へお問い合わせ下さい。)
・文字の自由位置をSSTG1上で設定した場合、xmlのみの出力では字幕自体エクスポートができません。xml+pngで出力する場合は可能です。
・字幕横位置は中央のみとなります。
・縦字幕、ルビは反映されます。
・全体的にxmlファイルの書き換えによる微調整が必要となります。
 微調整が必要な項目例
  カーニング・レディングの調整。
  配置を中頭にしたいときの、位置情報の書き換え。
  同じく自由位置で決めたいような文字の位置の位置情報の書き換え。
  文字の色の変更。
  エッジの種類の変更(現状はどれに設定しても「shadow」になってしまう)
  →規格は「shadow」「none」「border」の3種類です。
  ルビの文字の大きさや色など。


【XMLファイルのみで出力する場合の注意点】

・フォントの大きさは、1xmlにつき1サイズとなります。
・フォントの種類は、1xmlにつき1種類となります。
・文字位置を上げるための改行は反映されません。


【PNGとxmlファイルで出力する場合の注意点】

・映画館のプロジェクターによってはタイミングが全体的に若干遅れる場合もあるようです。
※当オプションは、専門性が強い仕様となっているため、基本的にはサポートなしで活用可能なクライアント様を対象に販売しております。言い換えますと、現在のモジュールそのものを仕様として受け入れていただけることが前提です。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ