TOPICSトピックス

2018年11月28日(水曜日)

AAF3
SSTG1でエクスポートする際にAAFで対象画面設定を設定するが、PremierProで取り込んだ時に設定した画面サイズにならず字幕が切れたように見える。

本件は、Ver2.0.0.40以前のSSTG1の不具合となります。ご不便おかけしまして誠に申し訳ありません。
Ver2.0.0.41にて修正を行いましたので、お使いのSSTG1をVer2.0.0.41以降にバージョンアップして下さいます様お願い申し上げます。

Ver2.0.0.40以下で出力する場合、下記手順に沿ってご対応下さい。
出力されたAAFの画面設定が720×480の固定となっていることにより本事象が発生しますが、以下の手順でこの事象は回避できます。

1) PremierProでAAFを取り込み後タイムラインにシーケンスを移動します。


この時取り込んでいる字幕の情報は以下となります。(tif上には字幕が存在しています。)


2) 1) のSubtitleSequenceをダブルクリックすると以下の画面に切り替わります。全選択でtifファイルを選択しコピーします。


この時、画面上では字幕が表示されていないように見えます。ここで1つ目の字幕のin点のタイムコードを控えておきます。


3) 別シーケンスに 2) で選択したtif情報を貼り付けるため空のシーケンスを選択します。


4) で控えた1つ目の字幕のin点のタイムコードにカーソルを持っていきます。


5) カーソルがある場所に先ほどコピーしたtif情報を貼り付けます。


6) AAFの情報が入ったsubtitleSequenceを削除し、保存したら完了です。

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ