FAQよくあるご質問

FAQ

よくあるご質問

インストール・アップデート編

「setup.exe」ファイルをダブルクリックではなく、右クリック→「管理者として実行」メニューから進めてください。

このメニューがでない原因について2つ挙げられます。
1) ダウンロードしたフォルダが一時フォルダのような場所に保存されている
ダウンロードしていただいたフォルダがダウンロード用フォルダのような、一時的な場所に自動的に保存されているとファイルを右クリックしても「管理者として実行」メニューが表示されないことがあります。 一度ダウンロードしていただいたフォルダごとコピーしてデスクトップなどに移動してみてください。

2) ダウンロードしたフォルダが圧縮されたままになっている
インストーラは、ダウンロードするとzip形式に圧縮されています。(CDの場合は圧縮されていません。)圧縮された状態のまま右クリックを押すと「管理者として実行」メニューが出ませんのでそのフォルダを解凍する必要があります。解凍していただくにはフォルダを右クリックして「解凍」または「展開」といったメニューを選んでいただくとフォルダが解凍されます。

バージョンアップはソフトに対して行いますのでsdbファイル自体にアップデートはございません。また、ソフトをアップデートしても前のバージョン時に作成したsdbファイルは通常通り編集ができますのでご安心ください。

バージョンアップはソフトに対して行いますのでsdbファイル自体にアップデートはございません。また、ソフトをアップデートしても前のバージョン時に作成したsdbファイルは通常通り編集ができますのでご安心ください。

認証ドライバ「NetSSTG1 Driver」がインストールされていない状態です。ユーザーサイトからダウンロードしたインストーラの中にある、インストールガイドの「認証ドライバのインストール」という項目にインストール手順が記載されていますので、インストールガイドをご覧下さい。

ドングル更新を行っていないためと思われます。ドングル更新の手順は、アップデートリリースのお知らせ時にお送りしているメールもしくは、インストーラダウンロードページ・アップデータダウンロードページよりダウンロードできるリリースノートの「ドングル更新手順」をご参照ください。

NetSSTG1は3台(個人)、 10台(法人)
SSTG1 Lite2は3台
と認証台数に制限があります。
現在認証しているPCが壊れた場合でも、認証済み台数としてのカウントは残ったままになります。何卒ご了承ください。

ただし、認証台数はチケットが切れたタイミングで0台にリセットされます。例えば初回60日チケットで上限3台まで認証されていたとして、60日後にチケットが切れ、次のチケットを認証する時には、前のチケットでどのハードディスクやパソコンを使っていたかに関係なく、改めて1台から認証台数をカウントします。
もし、台数上限まで認証済みの状態で、チケット有効期間中にパソコンが壊れて買い替えた等の場合には、恐れ入りますが有料の変更依頼手続きをお申し込みください。お申し込みは本サイト右上から「マイページ」にログイン後、「有料変更依頼」の「PC変更」にて行っていただけます。

SSTG1Pro・SSTG1Liteにはインストール台数に上限はありません。

方法は下記の2通りあります。
1) 台数追加
現在のライセンス(チケット)に、1台5,000円(税込)で台数を追加できます。お手続きはユーザーページの左側メニュー[有料変更依頼]の「PC変更依頼」から行ってください。お支払いが確認できたら、台数を1台追加させていただきます。

2) チケットを購入
これまで使用していたものとは別のチケットで、認証台数1台目からカウントされます。

一度認証したら認証台数が減ることはありません。
ただし、認証台数はチケットが切れたタイミングで0台にリセットされます。例えば初回60日チケットで上限3台まで認証されていたとして、60日後にチケットが切れ、次のチケットを認証する時には、前のチケットでどのハードディスクやパソコンを使っていたかに関係なく、改めて1台から認証台数をカウントします。

SSTG1シリーズスタートガイド の案内に沿って、インストーラのダウンロード、ソフトのインストールを進めてください。

※SSTG1Liteは付属のインストールCDでインストールを行ってください。
※SSTG1Proをご購入のお客様は、ドングル発送のお知らせメールに手順を記載していますのでご覧ください。

SSTG1シリーズスタートガイド の案内に沿って、2台目のパソコンでインストーラのダウンロード、ソフトのインストールを進めてください。 認証可能台数の範囲内でしたらお客様の方で行っていただけますので、特別なお手続きは不要です。
→認証可能台数については こちら

※SSTG1Proはドングル発送のお知らせメールに記載の手順で、1台目のパソコンと同様にインストールを行ってください。
※SSTG1Liteは付属のインストールCDで、1台目のパソコンと同様にインストールを行ってください。
※引っ越しツールは使用せず、正規の手順でインストールを行ってください。引っ越しツールを使用した場合認証ができなくなることがございます。

再インストール後、編集ができない場合は こちらのFAQ をご覧ください。

以前のバージョンにダウングレードしたい場合は、一度ソフトをアンインストールして、古いバージョンをインストールし直してください。
ただし、基本的にサポート対象は最新バージョンのみとなっております。あらかじめご了承ください。


●●● 前のバージョンにダウングレードする手順 ●●●

【事前準備】
ショートカットキーをカスタマイズされている場合はショートカットキー設定画面から設定をエクスポートし、ダウングレード後、同画面から設定ファイルをインポートしてください。ユーザー設定、フォーマット設定、最終チェック項目フィルタ、最終チェックのチェックワードリストなど、あらかじめリストに保存してあるものは設定が消えることはありません。

【現在のバージョンをアンインストール】
(Windows10の場合)
Windows10の「アプリと機能」で、リストから「CANVASs SSTG1 Series」をクリック
→「アンインストール」をクリック

(Windows8.1の場合)
PCのコントロールパネル>プログラム>プログラムのアンインストール でリストから「CANVASs SSTG1 Series」を右クリック→「アンインストール」をクリック

【前のバージョンをインストール】
・マイページの「アップデータダウンロード」から前のバージョンのアップデータをダウンロードし、zipを展開します。

・中に入っている「setup」を右クリック→「管理者として実行」で実行してください。手順は一緒に入っているインストールガイドをご覧ください。完了時に出る画面で「USBドングルドライバをインストールする」のチェックは必ず外し、「完了」をクリックしてください。

・認証ドライバの再インストールは不要です。

ダウングレード後は必ずPCを再起動してください。


■Ver.3.1.13から前のバージョンへダウングレードする場合の注意点

Ver.3.1.13とそれより前のバージョンとでは新再生モードの波形データが異なります。Ver.3.1.13から前のバージョンへダウングレードした後は、必ず波形データの[Normal]フォルダを削除してください。
手順は下記リリースノートp3をご覧ください。

https://canvass.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/NetSSTG1releasenoteVer.3.1.13.pdf

製品に関するご質問、字幕制作に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールマガジンよくあるご質問お問い合わせ